ウルセラとは

ウルセラとは、今最も注目されている美容機材です。超音波を使ったたるみとり(タイトニング)マシンであり、肌に付けて使います。ウルセラを使うことにより皮下4.5mmと3mmの2層に有効な熱エネルギーを届けることができます。超音波を美容業界に取り入れた唯一の機械がウルセラ(Ulthera System)です。
同じようなたるみ引き締め機材として「サーマクール」というものもありますが、ウルセラはサーマクールよりも、もっと深い部分にある筋膜というところに作用してたるみを引き締めることができます。そのため、従来までの技術から革新的に効果を上げることができるたるみ改善マシーンといわれているのです。
たるみの原因を作る筋膜とは正式には「SMAS筋膜」というもので、これまでの切開によるフェイスリフト整形手術のときに大変重要なポイントとなってきました。ですが切開によるフェイスリフト手術ではこのSMAS筋膜の扱いが大変に難しいため、よほど腕のよい医師にかからないと成功するか否かわからないものとされてきました。そのため、外部からこのSMAS筋膜へのアプローチする方法はないかろ長年研究をされてきたのです。
ウルセラ(Ulthera System)を使うとSMAS筋膜を破壊して引き上げ、たるみを改善することができます。このとき切開することなくSMAS筋膜に破壊の作用を及ぼすということは、それまでの美容医療界では全く考えられないことでした。