たるみの起こりやすい場所

肌の老化現象として起こるたるみは、顔の特定の場所によく起こります。特に「老け顔」を作るたるみは、「まぶた」「目の下」「ほうれい線」「あごのライン」で起こってしまいます。肌のたるみはシミやしわと違って、自分ではすぐには気づきにくいという特徴があります。そのため、久しぶりにあった人に「老けた」と言われて傷つく人もかなりいるようです。
まず肌のたるむ原因を先に説明すると、肌は若い頃はハリや弾力を持っていますが加齢と共に肌自身の重みを支える力が弱まっていき、しだいに重力に負けて垂れ下がっていってしまします。肌のハリのもととなっているのは、真皮層内にあるコラーゲンやエラスチンという物質です。肌の中にある線維芽細胞はコラーゲンを分泌するようになっていますが、このコラーゲンが不足してくると内側の繊維状の細胞が立体性を失い折りたたまれたように薄くなっていってしまいます。
また、加齢によって全身の筋肉が衰えてきますが顔の筋肉も同じです。顔には表情筋と呼ばれる筋肉があるのですが、これが衰えてくると肌がたるんで見えるようになります。
特にたるみの中でも目立つのはほうれいせん近くのたるみです。ほうれい線とは小鼻らの両脇から口元にかけてのハの字のしわのことです。このしわが起こるのは、口の周りの脂肪が減少して頬の筋肉が落ちてくるためです。ほうれい線がくっきり出てしまうと、見た目はかなり「老化」を感じさせるものになってしまいます。