自毛植毛とは?

年齢を重ねるにつれて頭髪が薄くなってきた、ハリやコシがなくなって密度が減ってきたのを感じるなどといった悩みを持つ人が増えてきています。一昔前までは頭髪に関する悩みと言えば、男性固有のものとされてきましたが、最近は女性にも多く頭髪に関する悩みを相談する人が見られています。
そんな頭髪の悩みを解決するために、現在注目をされているのが「自毛植毛」という方法です。自毛植毛とはその名前の通り、自分の毛を脱毛部分に人工的に植毛してゆくという技術です。それまでの植毛方法では、人工的に生成された頭髪を植えつけていたので、体が拒絶反応を起こしてさまざまなトラブルのもとになってきていました。自毛植毛では、もともと自分の体にあったものを移動させて利用するので、そのような問題が起こる確率は低くなっています。
自毛植毛の歴史は古く、1939年に日本で研究が始まりました。それが1960年代になってアメリカで「パンチグラフト法」という新しい植毛方法が開発されたことで一気に知名度を高めます。その後も研究は進められ、1990年代のはじめころに「ミニグラフト法」が開発され、一般にも実用化されるようになってきました。研究はまだ途上の段階にあり、今も新しい方法が日々研究されています。
自毛植毛を受ける場合には、治療を受ける施設や医師の方針によって提案される内容が大きく異なります。いくつかの方法の中から自分の体質や頭髪の状態に合ったものを選ぶことになります。

診療や施術の流れ|高須クリニック名古屋院は口コミで評判の美容外科